2008年4月7日月曜日

裸眼でEOS-1DMark3

6日の日曜日に千葉県東金市にある仕事の施設でイベントが行われた。情報によれば現地では桜は葉桜になる寸前らしい。目の調子もだいぶ落ち着いてきたので久しぶりにEOS-1DMark3を持ち出して行ってきました。

2008_04_06

EOS-1DMark3 + EF100mm f/2.8 Macro USM 現像はAperture 2

最近はGR DIGITAL 2ばかりでファインダーをのぞく事が久しぶり。視度調整を+に補正(^_^;)して撮影。やっぱり1眼レフは気持ちいいです。

2008_04_06

EOS-1DMark3 + EF100mm f/2.8 Macro USM 現像はAperture 2

私は1眼レフでは連射モード以外では全てRAWで撮影してます。Jpegだと失敗作からのリカバリーが難しいというのもありますが(^_^;)、一枚の画像データから現像ソフトで露出を変化させてみたり、色温度を変更してみたり、撮影後でも変更出来て現場では試せなかった設定をじっくりとやってみる事が出来るのが大変面白く、勉強になるからです。

2008_04_06

EOS-1DMark3 + EF16-35mm f/2.8L 2 USM 現像はAperture 2

そして今まではDxO Optics Proでばかり現像して来ましたが、今回はAperture 2を使ってみました。DxOだと自動で大量にレンズごとの癖を補正して現像してくれるので重宝していました。しかしMac用はまだVer4のままなので、この際いろいろとやってみようと思ったのです。結果はLightRoomより個人的には好みの仕上がりになりました(^^)

2008_04_06

EOS-1DMark3 + EF100mm f/2.8 Macro USM 現像はAperture 2

写真は現場に到着後来訪者が来る前に撮りまくりました。何せこの日は三千人弱の方がいらっしゃる予定なので、人であふれてしまったら写真どころではありません(^_^;)

いつもはここに来る時はEF16-35mm f/2.8L 2 USM をメインにして撮るのですが、今日は気分を変えてEF100mm f/2.8 Macro USM で撮影。広角に慣れた目には100mmの画角はとても新鮮(^_^)

2008_04_06

EOS-1DMark3 + EF24-105mm f/4 IS USM 現像はAperture 2

嵐のような一日が終わって、お客様がお帰りになった後の夕暮れ。スタッフと打ち上げをしながらこの最後の1ショットはEF24-105mm f/4 IS USM。今日は会心の1枚は撮れなかったけれど、久しぶりにのぞいた1眼レフのファインダーを、しかも裸眼で見えるようになっただけで幸せでした。(^_^)

2 件のコメント:

もち さんのコメント...

こんにちわ~

1D MK3いいですよね~
うちはその前、30Dを使っていたのですが
MK3を手に入れてから30Dは防湿庫の番人となりました (^_^;
所有のLレンズの能力を生かせるようになり、その画質にうっとりですw

携帯性は悪いですが、良い画質で撮りたくて
出かけるときは持ち歩くようにしています

現像..
うちはLightRoomばかりです
そのうちMacを購入したらAperture 2も使ってみようかな~と思っています
Aperture 2の使用感いかがですか?

ゆっきぃ さんのコメント...

もちさん、こんばんは。
1Dmk3、もちろん気に入っています。元々はうちのワンコがタイムトライアルに出て走っているのを撮りたくて秒間10コマのこのカメラを買いましたが、ワンコに心臓の持病が見つかってから走らせる事が出来なくなってしまいました。
今は5Dと1Dmk3の2台を使い分けてます。もっとも日常的にはGR DIGITAL 2が一番多いですね。
Apertureは画像データの管理が独特で、それを理解出来ないと使いにくいと感じると思います。特にWIndowsから移行するとiPhotoも同じような管理方法で、最初は戸惑いました。