2008年5月22日木曜日

Canon iVIS HF10に目からうろこ!

Canon iVIS HF10というビデオカメラを購入しました。

今度は動画に挑戦というわけではありません。来週の土曜日が娘の高校最後の体育祭で、その模様を録画して卒業記念のDVDを制作する事となり、生徒の父兄が素材を提供するのだそうで、うちの妻がそのお役目を受けてきたわけです。 IMG_0586

Canon EOS KISS X2 + EF50mm f/1.8II

また娘も去年までは体育祭に来てほしいなどと云わなかったのに、今年は写真を撮って欲しいと言います。で、久々にEOS-1D Mark3の出番だと考えていたところ、妻から動画もと云う要望で・・結局買ってきたというわけです。

うちにも初期のデジタルビデオカメラが有るにはありましたが、世の中は既にハイビジョンデジタルカメラの時代。この際だからとフルハイビジョンのAVCHDビデオカメラでMACと親和性のある物を探したところ、iMovie08が認識できるフルハイビジョンカメラが意外なほど少なく、添付ソフトもWindowsのみという状況。そんな中Canon iVIS HF10はLeopard+iMovie08で認識されるとの情報で選んでみました。

IMG_0577

Canon EOS KISS X2 + EF50mm f/1.8II

これ・・たった380g!!。記録メディアは内蔵メモリー16GでさらにSDスロット。テープや板やHDDといったメカニカル駆動部がないので振動などにも良さそう。

一昔前のビデオカメラしか知らなかった私にとってはあらゆることが衝撃的。

IMG_0074

Canon PowerShot G7

もっと驚いたのがハイビジョンの解像感。私って本当に浦島太郎でしたぁ。

撮影した動画で早速Macで遊んでみました。カメラをUSBで接続するとiMovie08が起動。動画を取り込んで、iTunesからお気に入りの曲を選んで動画にドラッグアンドドロップするとBGMに設定される。さらにタイトルやコメントなどを画像に書き加えて共有処理をする。

次にiDVDを起動してDVDのメニューやら画像品質やらを設定してあげる。iTunes向けにもiPod向けにもDVDメディア向けにも自由自在。(ただしこの方法ではハイビジョン記録のDVDにはならないようです。それでもいわゆる昔のデジタルビデオとは雲泥の差ですけど・・)

8コアのMac Proのおかげか、ストレスも感じないまま作業は終了。いやぁ〜〜こんなに簡単に出来るんだ!ここまでヘルプも見てません。逆にヘルプも見ずにここまでこれてしまうインターフェイスが素晴らしい。

IMG_0935_DXO

Canon IXY DIGITAL 800 IS

第1作目を娘と大笑いしながら鑑賞しました(^◇^)

で、・・娘の体育祭当日は・・動画は妻に任せて・・私はやっぱり静止画担当で行くつもり・・(^0^;)・・ダイジョウブカ

2 件のコメント:

もち さんのコメント...

こんにちは..

うちは、3年前に購入したSONY HDR-HC1 ハイビジョンカメラを使っています (ミニ DV テープ)

iMovie08対応だとiTunesの曲がBGMにできるなんてすごいです!
HDR-HC1のビデオをPCに取り込むSOFTでは、iTunesの曲は取り込めませんでした 涙

http://docs.info.apple.com/article.html?artnum=306171
ミニ DV テープベースビデオカメラをサポートしているようなので、今度試してみたいと思います (^.^)

ゆっきぃ さんのコメント...

もちさん、どうもです(^_^)
うちにはまだ8mmビデオテープのままの動画がありますよ。デッキ部が動くうちに少なくともDVDにはしておかないとこの先見られなくなっちゃいますね(大汗)
暇を見てなんて思っているうちに・・・数年経ってしまいました。