2008年8月3日日曜日

オープンキャンパス-その3

今日は3校目のオープンキャンパスに行って来ました。しかもその学校はあのshiologyの塩澤先生の大学(^^) 娘より私がワクワクしている始末(^_^;)

メールでぜひご挨拶したいとお知らせしたら、快くOKして下さいました。

R0012002

GR DIGITAL 2

受付を済ませて先生に電話をいれると、すぐに飛んで来てくださいました。

初めてお会いした先生はとても気さくで、バイタリティーにあふれ、声の大きな方でした(^^)・・そうそう・・このエネルギーの塊のような人こそ教師の大切な要件だと思うのです。

R0012005

GR DIGITAL 2

その後、大学のガイダンス、体験講義、学部ガイダンスなどに出席。途中、お約束の学食でランチも体験(^^)

キャンパスを散策するとshiologyで見せて頂いた印象に残っている写真が沢山思い出されました。

R0012025

GR DIGITAL 2

圧巻は・・やっぱり図書館。こんなの見た事ありません。プラネットと名前のついた「星」が図書館の中に浮いているのです。その中は学生が語り合えるスペースになっています。語り合える図書館・・めちゃめちゃ楽しそう。

R0012022

GR DIGITAL 2

この建物の細部に渡る造形の美しさは驚きです。

あまりの暑さで軽い熱中症になってしまった娘を妻が先につれて帰り、私は再度塩澤先生へ電話。研究室へ招待して下さいました。

お邪魔すると、学生さん、OBさんなどと熱心にお話しされていました。その様子を眺めつつ、こんな先生に教われる学生は幸せものだなぁと考えていました。学生生活を終了して四半世紀(^_^;) 沢山の先生にお世話になって来たけれど、今でも強烈な印象を残し、今でも物事の判断の時に影響を受けていると思える先生は一人しかいない。

R0012026

GR DIGITAL 2

きっと、塩澤先生に教わった学生さんは同じように感じると思う。

知識や技術は当然として、その先の「これっていかに面白いか」って事を相手に感じさせる「伝える情熱」とでもいうのだろうか・・プロフェッショナルだなぁ〜と、とにかく感動した。

「学習は高校まで、大学は学問をするところ」なるほど。

「常識が正しいとは限らない」この視点はビジネスでも重要。そういう意味では学問は一生なのかもしれない。これで良いのか?これ以上は無いのか?

とても有意義な時間を過ごす事が出来た1日でした。(^^)

2 件のコメント:

1日1麺 さんのコメント...

余程嬉しかったようで、文章からもそれが伝わってきますよ!
図書室内に設けられたユニーク形状の談話室も単なる奇抜さにあらず。有効活用されていそうな気がします。

お嬢さんの体調は大丈夫ですか?
今年は一段と暑さが厳しいようすが、あっしは全然平気です。

食欲も全く衰えないのがむしろ悩みです(汗)

ゆっきぃ さんのコメント...

1日1麺さん
すごく楽しみにしていたんですよ♪
本当に素敵な方でした。
しっかし、暑いですよねぇ。
私は水分の採りすぎで体調を崩しましたよ。