2008年8月9日土曜日

九段坂上

夏バテのせいか、どうも最近体調が良くない。妻が通っている気功をあつかう整体師さんを予約してくれていたので、行ってみることにした。場所は九段坂上。そう、靖国神社の目の前。行ってみたらこの時期大音量拡声器を装備したお車が行列をなしてました(^◇^;)
R0012078

GR DIGITAL2

マッサージの方は・・・足裏をちょっと揉まれただけでのたうち回る状態(大汗)青竹踏みを勧められました。「内臓が硬くなってますね」と言われて先生のハンドパワーを頂く(ё_ё)

終わると不思議なことにおなかが柔らかくなってました。1時間ほどで終了したあとは目の前の靖国神社へ行ってみました。

R0012059

GR DIGITAL2

いろいろと言われている神社だけど、個人的には多くの戦死した方々が残してくれた教訓はしっかりと受け止めるべきだと思ってます。情報は発信する者の意図が必ず含まれている。これは今も変わらない。読み解く力を養うのは大切なこと。

R0012074

GR DIGITAL2

一番衝撃を受けたのは「英霊の言霊」という冊子。辞世の句や家族に宛てた手紙などがまとめられています。家族を思う気持ちは変わらないことが良く判る。

R0012067

GR DIGITAL2

そして今年も・・・無事に8月15日がやってくる事に感謝。

2 件のコメント:

carp2004 さんのコメント...

靖国神社、好きです。
誤った見解が喧伝される機会が多いですが、左右に関わらず、日本人として真っ直ぐに見つめなければならない現実が詰まった場所でもあります。

九段界隈は、靖国神社以外にも北の丸公園や千鳥が淵が近く、好きなスポットですね!!
靖国ネタは、4月末のBlogで書いてみました。宜しければ。
http://carp2004.blog20.fc2.com/blog-entry-101.html

ゆっきぃ さんのコメント...

carp2004さん。
いつもありがとうございます。
4月のエントリー拝見しました。
ありのままを表現出来なかった時代。それが当たり前だった時代。
自分を納得させるにはおっしゃるように考えるしか無かったでしょうね。
「善悪」や「左右」で論じる事はナンセンス。「現実」を見る事で彼らからのメッセージをしっかりと受け止めなければ失礼だと思います。
感謝の気持ちと誓いを新たにして帰ってきました。