2010年6月5日土曜日

奥多摩周遊道路〜鶴峠周回コースでへたれきる

ももすてさんから届いたTwitterのDM。週末にいつものメンバーで奥多摩周遊道路〜鶴峠周回コースを走るというお誘いでした。コースを見ると距離は66kmですが、合計標高差が1,400mという登坂ルート(@o@;)。しまなみから帰ってから毎週の様に忙しくてローラー台に乗る以外実走が全く出来ていない。そもそも登坂には全く自信がない上に、ヒザの靭帯炎が本当に治ったのか確かめる事も出来ていない。それで迷惑をかけたら申し訳ないのでとお断りしたのですが、「もし」はお互い止めにしましょうとのメールを頂いて参加を決意しました(^^)


Canon Powershot S90

自分でも無謀だと認識しつつ(^_^;)、待ち合わせ場所の檜原都民の森の駐車場に車で向かいながら、あまりの登りに「本当にここを自転車で上がるのかよ」と既に後悔(^_^;)

今回はいつものK44氏、ももすて氏にモテギや荒川CRでご一緒したTさんが加わって4人での走ります。サイクルスポーツのコース紹介では一番下の上川乗がスタートだが、駐車場の都合で都民の森からのスタートにしようと提案。しかしこの私の提案が自業自得となろうとは(@_@;)


Canon Powershot S90

今回はヒザの靭帯炎の調子を見る為シューズに入れたインソールとSKINSだけにして、テーピングは無し。また最初からももすてさんやK44氏について行くと地獄に落ちる事も学習したので(^_^;)、気にせずユックリと走る事にします。


Canon Powershot S90

スタートして3Kmが登りで、その後は10kmも下り。途中雨に降られたりもしましたが、奥多摩湖の三頭橋が見えてきた。ここまで来て今走ってきた道がかつての奥多摩有料道路だと気がつきました(^_^;) 20年以上前にオートバイに夢中だった頃走りに来て以来です。橋を渡って左折。下り基調ながら見えてくる登りは登坂の苦手な私を萎えさせるには十分の迫力。そうこうしているうちに最初の難関鶴峠に到着。

Canon Powershot S90

自分でも驚くほど汗だくに。脱いだヘルメットをかぶり直すと、内装スポンジが吸い込んだ汗がしみ出て額からダラダラしたたるほど。朝食を食べなかったので既にお腹ぺこぺこ。昼食が出来る所を探して鶴峠をおります。


Canon Powershot S90

おそば屋を発見して飛び込み、水車で挽いたそば粉のおそばを頂き、ついでに隣のお店のピザも注文(^^)。ここでGARMIN Edge 705を見ると、距離は予定の半分近く来ているのに、獲得標高はまだ500mくらい。げげ〜〜あと半分で今までの倍の高さまで登るのかよ!と・・お先真っ暗な気分に・・


Canon Powershot S90

気を取り直して再スタート。しかしながらここからもまだコースは下り基調が続く・・・・、あと1,000m上がらなきゃならないのに降ろすなよぉ・・と涙目。

武甲トンネルへの登りは前哨戦。さらにここから降ろされて、本来のスタート地点である上川乗へたどり着いた。すでに疲労困ぱい、一ヶ月も自転車をさぼっていたツケを利息を付けて払う時がやって来ました(~~;)

やっぱりここをスタート地点にしておけば、一番元気のある時に上がれたのにと思っても後の祭り。一番疲れている今から上がらなくてはなりません。

他の3人はあっという間に視界から消えて、少し違和感の出てきた右ヒザを気にしながら7〜8Km/hという速度で登ります。心拍数は160程度なのに途中どうにもならなくなり2度足を着いてしまいました。去年のように疲れ果ててダンシングすら出来ないという状況じゃないのに、不思議とどうにもならないのです。

止まって休んでいても、先に行った3人に申し訳ないので2〜300mほど歩きながら休んで、再スタート。

ゴールまであと100mという所でK44師匠が心配してサポートカーで降りてきてくれました<(__)>

筆舌に尽くしがたいほど疲れ果てました。自分史上最高の疲れっぷり(笑)どれほど余裕がなかったかは食事後の写真が全然ない事からも良く判る。

そうは云ってもヒザの靭帯炎で動けなくなったりせず、曲がりなりにもゴール出来たから良かったと・・やっぱり今年は秩父で登りの走り方を研究する必要がありそうだ。

4 件のコメント:

nabo さんのコメント...

強化合宿かなにかでしょうか??(爆)
坂道の練習はやはり実際の坂道じゃないとできないのですかね?ローラーに負荷をかけられる…とかいう機能はないんですか?
そういえば、ジムの自転車こぎ、結構ペダル重くできまっせ。
 ̄∀ ̄* ニヤッ

K44 さんのコメント...

いやぁ、お疲れさまでした。
自分は翌日ヘタレきっていましたが、お仕事があったようで大変でしたね^^;
心配していた膝も、あれだけハードなコースで大丈夫だったので問題ないでしょう。
センセのラストの状態は、やはりエネルギー切れかと思います。
前回の秩父RUNのmomosute氏と同じ状態に思えました。
次からは食欲がなくても朝食はしっかり食べましょう^^;
自分も含め、皆、こう云う経験を少なからず経て成長して行くのでつ(笑)
では、次はまた秩父で!

ゆっきぃ さんのコメント...

naboさん、固定ローラー台という後輪をくわえるタイプの奴なら負荷調整が出来るんですが、これだと走った気がしないんで、うちのは3本ローラーという前後輪ともにパイプの上に乗っかって、漕いでないと倒れちゃう走ってる気分が味わえる奴なんですよ。
でも実際に走るのとではやっぱり違うので、本当に走るのが一番ですね。

ゆっきぃ さんのコメント...

K44師匠。いやはや・・本当にまいりました(笑)
帰りの車の運転中に右ヒザに痛みが出てきました。それでもいつもよりは全然マシで、翌日の午前中には解消しました。
右側のクリート位置をもう一度見直してみます。
登坂に関しても、一年前と比べれば進歩していると感じるので、歩みは遅いですが向上心を持って頑張るつもりです。
それにしても、ももすて氏もK44師匠も・・格の違いに驚かされた一日でした(^^)/